旅行

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑭曇天のロンドン二日目~地下鉄を乗り継いでノッティング・ヒルへ

昨年の1月から2月にかけて行ったイギリス旅行を振り返ります。

イギリス旅行記(2018年1月~2月)①決断編その1

イギリス旅行記(2018年1月~2月)②決断編その2

イギリス旅行記(2018年1月~2月)③準備編その1

イギリス旅行記(2018年1月~2月)④準備編その2

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑤準備編その3

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑥準備編その4

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑦出発当日~羽田空港で始めてのサクララウンジ体験

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑧JAL041機内にて

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑨ロンドン到着~地下鉄でキングス・クロス/セント・パンクラス駅へ移動

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑩開業150周年のセント・パンクラス駅を歩く 

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑪ハリー・ポッターでおなじみのキングス・クロス駅を歩く

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑫大英図書館~ブランズウィック・ショッピング・セターまで歩く

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑬キングス・クロス駅前のリアル・フード・マーケットへ

曇天のロンドン二日目、ノッティング・ヘルへ

ほぼノープランののんびり旅。行き先はだいたい当日に決めます。

仕事のあとの深夜便(ほとんど寝てない)でロンドンに早朝到着して、そのまま一日過ごして寝たらその夜は熟睡できると思いますよね?

答え:できなかった

これは・・・・間違いない・・・あいつだ・・・時差ぼけ、だ・・・・

朝の4時に目が覚めて、体は疲れてるのに全然眠れない・・・

最初の一週間近く、このひどい時差ぼけに悩まされました。

水をたくさん飲んだり太陽を浴びたりしたけど、もうどうにもならなかった。

日の出は午前8時くらい・・・眠れなさがツライ(涙)

右往左往してる間に遅い朝が来る。全然疲れが取れてないけど、一日ホテルにいるのももったいないので、出かけることにしました。

ガイドブックやネットで色々検索・・・

ミュージカル大好き人間なのでできれば観劇もしたい・・・

美術館大好き人間なのでできれば美術館も行きたい・・・

カラダツカレテルー

シカモテンキワルイネー

(どーん。傘差しちゃってるよー)

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・よし。

行けるとこまで行ってみよう。

疲れたら帰って来ればよし。

そうと決まれば、最初に行く場所を決めねば。

だって、すぐに(あと数時間で)暗くなるから。

 

この日は土曜日。

週末だけのイベントや曜日ごと開催のマーケットなどがあるので、まずはそこからチェック。ノープランといえど、行きたい場所の候補はいくつかある。

今回で三回目のロンドンなのに、新しい場所でなく、前に来た場所をまた訪れてしまう保守的なわたし。

今回もその誘惑にあっさり負けて、三回の渡英で三度行くことになったのは、映画『ノッティング・ヒルの恋人』でも有名なノッティング・ヒルです。

例にもれず、この映画の大ファンのわたしですが、この日ノッティング・ヒルに行くことにしたのは、毎週土曜日にポートベロー・マーケットで骨董市が開かれるから。

他の曜日でもお店はやっているので楽しめると思いますが、骨董市が開かれる土曜日が一番にぎわっています。

天気と体調が若干心配だったけれど、エイヤと気合を入れて出発。

曇り空(ぱらぱら雨)の中、キングス・クロス/セント・パンクラス駅に向かいます。

折り畳み傘は日本から持参。

地下鉄を乗り継いでノッティング・ヒル・ゲート駅へ

こちらはキングス・クロス/セント・パンクラス駅にあるvisitor centreです。

イギリスなのでcenterでなくてcentre。旅行中に困ったことがあったら立ち寄ってみましょう。

私もヒースローで早速お世話になりました。

オイスター・カード、トラベル・カードなども対面で購入できます。

地下鉄は、キングス・クロス/セント・パンクラスで一駅です。別々の駅ではありません。

でもターミナル駅なので広い。時間には余裕をみた方がいいです。

キングス・クロス/セント・パンクラスからノッティング・ヒル・ゲートまでは、地下鉄の乗り換えが必要です。

まず、ピカデリー・ラインでホルボーン駅まで出て、ホルボーンからセントラル・ラインに乗り換えます。

ということで、ピカデリー・ラインに乗りに行きます。

空港で購入した7日間のトラベル・カードで乗り放題。ただ自分のカードがどこのゾーンまでカバーしているかはきちんと把握しておきましょう。日本のように降りた駅で足りない分を気軽にチャージするということができません。

それから乗換案内的なアプリ(google mapでも)を利用していればそんなに心配はないですが、イギリスの交通機関はすぐ止まります。遅れます。そして工事などでクローズすることもたびたびあります。イレギュラーが発生することが多いです。

わたしはWi-Fiルーターを持っていきましたが、地下鉄に入ると繋がらないことも多く困りました…。そこでいくつか失敗もしてしまいました…。

日本の地下鉄に乗り慣れていればそんなに違いはありませんが、それでも急な変更があったりするので、旅行中に地下鉄移動が多い人は、駅にあるこのようなボードもチェックしておいた方がいいです(おそらくホームページでも確認できると思います)。

この週末は三つの線の特定の区間がクローズとなっています。

時間によって制限されているところもありますね。

ピカデリー・ラインとセントラル・ラインは通常運行しているので、改札を抜けてホームに向かいます。

二駅乗ってホルボーン駅で降ります。乗り換えのためセントラル・ラインのホームへ移動。

ホームの壁がお洒落。

セントラル・ラインに乗り換えて7駅。

無事にノッティング・ヒル・ゲート駅に到着しました。

さて、外の天気はどうなっているでしょうか。