旅行

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑬キングス・クロス駅前のリアル・フード・マーケットへ

昨年の1月から2月にかけて行ったイギリス旅行を振り返ります。

イギリス旅行記(2018年1月~2月)①決断編その1

イギリス旅行記(2018年1月~2月)②決断編その2

イギリス旅行記(2018年1月~2月)③準備編その1

イギリス旅行記(2018年1月~2月)④準備編その2

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑤準備編その3

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑥準備編その4

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑦出発当日~羽田空港で始めてのサクララウンジ体験

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑧JAL041機内にて

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑨ロンドン到着~地下鉄でキングス・クロス/セント・パンクラス駅へ移動

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑩開業150周年のセント・パンクラス駅を歩く 

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑪ハリー・ポッターでおなじみのキングス・クロス駅を歩く

イギリス旅行記(2018年1月~2月)⑫大英図書館~ブランズウィック・ショッピング・セターまで歩く

ブランズウィック・ショッピング・センターからキングス・クロス駅に戻る

さて、itsuで期待通りの微妙なチキン・スープを飲み終えて、暗くなる前に駅方面に戻ります(ホテルが駅近)。

ショッピング・センターには食料品のスーパーがなさそうだったので駅内にあるスーパーを目指します。

歩いて行くと…

ん!?

テンションが上がる看板発見。

ドラクエ好きの私の血が騒ぎまくる看板・・・

なんなら看板の前の街灯のデザインごと好み。

ロンドン、こんな看板や街灯だらけだよ。

とにかく散歩が楽しい街、それがロンドン

あいかわらず暗いですがまだ午後4時台です。1月後半のロンドンの日没はだいたい4時台後半なので、日没が迫って来てます。ほんとに一日が短い。

夏でも5時くらいには閉まる施設が、冬はさらに早く閉まったり、そもそも冬の間営業していない観光地や施設もあるので、行きたいところがある場合は前もってリサーチしておいた方が無難です。

今回のようにほぼノープランの旅の場合は、基本あいている所に行きます。

さて、セント・パンクラス駅にもキングス・クロス駅にも小さなスーパーが入っているので、そこで水など必要なものを買って、スープだけだとお腹が空きそうなので、夜ご飯を買って帰ろうかな。

でもその前にキングス・クロス駅前でやっていたマーケットが気になる!!ので寄って行くことにしました

キングス・クロス前のリアル・フード・マーケット

このマーケットは偶然見かけたんですが、毎週水曜日~金曜日の12時から19時まで開かれているマーケットのようです。

リアル・フード・フェスティバルという団体が、質の良い食品を扱う生産者たちを支援するために開いているマーケットのようで、見てまわるだけでも美味しそうでお洒落な感じもある、楽しいマーケットでした。

キングス・クロス駅前のリアル・フード・フェスティバルのホームページはこちら。

Kings Cross Real Food Market

こんな感じで駅前に小さなお店がたくさん。どれも個性的なお店です。

あと色々な国の料理を売っていて、かなり国際的。いや、それがロンドン的?かもしれません。

こちらのお店CASA CANNOLIはイタリア、シチリアのペストリーのお店。

ディスプレイもかわいらしく、美味しそう。

ホームページはこちら。

CASA CANNOLI

一通り見たあと、目を惹かれたのがこちらのお店。

イギリスのパン屋さん、BREAD AHEAD。

ホームページはこちら。

BREAD AHEAD

お店が素敵なので、「お店の写真を撮ってもいい?」と聞いたら、

「いいよー!もちろん!」と笑顔で言ってくれて、かつ写真にも入ってくれた優しい店員さんたち(笑)

ここで朝食用のデニッシュを一つ、別のお店でマカロンを購入しました。

何も買わなくても歩いて見て回るだけでも楽しいので、ふらっと立ち寄るにはおすすめのマーケットです。

さて、まもなく5時。

日も沈んできたし、この日は、もう忘れてるかもしれませんが、ほぼ寝ないで深夜フライトを終えて早朝からスーツケースを持って地下鉄で移動して疲れMAXな状態(少し昼寝したけど)なので近くのホテルに帰ることにしました。

あまりお腹は空いてないけど、駅で寄りたいお店があったのでそちらに。

今回の滞在でもお世話になりっぱなしのPRET A MANGERです。

ここはロンドン中にあるファーストフードのチェーン店なんだけど、居心地もよくてよく利用してます。

イートインは税金の関係で少し高くなります。

テイクアウトの方がお得。ここで野菜たっぷりのサンドイッチと飲み物を買って帰宅。

ロンドン初日の長い長い一日が終わったのでした。